2018予想

第66回 阪神大賞典予想と考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

阪神大賞典の予想です。

今年の参戦馬をみると、メンバーの見劣りは非常にしますね。

過去を見ていきます。




◆過去データ

2017 2016 2015 2014 2013
1-3着人気 1-2-5 1-4-3 1-7-2 1-5-3 1-3-5

非常に1番人気の信頼性を感じます。が!過去レースにおいては、長距離GⅠ馬が

1番人気を張っており、今年はそのような存在はおりません。

そこを注意して考えていきましょう。

それでも5番人気までで考えるので良いかと思います。

 

◆予想を公開

今年の上位人気は以下です(3月18日10時11分現在)

1番人気⑧クリンチャー 2.1倍

2番人気⑩アルバ-ト 3.2倍

3番人気⑦レインボーライン 5.6倍

4番人気⑥サトノクロニクル 6.5倍

5番人気⑨ムイトオブリガード 19.9倍

 

配当を見ても、4番人気までと5番人気からで差が大きくあります。

4番人気までの4頭で考えるのが妥当でしょう。

 

⑧クリンチャーは鞍上武豊。菊花賞2着、京都記念1着の実績も菊花賞不良馬場。京都記念重馬場と、

今回の良馬場でペースについていけるか心配があります。長距離で武豊、京都ですので、

信頼はできますが、馬場状態でどうか?ここがポイントです。

⑩は鞍上福永。父アドマイヤドンは阪神大賞典で産駒が結果を残しており、前走ステイヤーズ1着も

良い状態だと思います。

⑦レインボーライン岩田です。GⅠでは物足りない結果ですが、ステイゴールド産駒で、

ここからが本格化できるかもしれません。一押しはできませんが。

⑥サトノクロニクルは鞍上川田。ハーツクライ産駒で2000M程の重賞では良績があります。

阪神大賞典としては物足りないメンバーだなぁと、再び感じますね。

⑨ムイトオブリガードはルーラーシップ産駒です。500万条件で勝ち上がったばかりですので、

現状ではまだ厳しいかと感じます。

 

◆結論

今回は、⑩から⑧⑦⑥を買いたいと思います。

1着⑩固定2着3着変動で3連単で勝負します。

⑩-⑥-⑦ 68.9倍

⑩-⑥-⑧ 51.2倍

⑩-⑦-⑥ 59.8倍

⑩-⑦-⑧ 35.9倍

⑩-⑧-⑥ 31.0倍

⑩-⑧-⑦ 23.2倍

スポンサーリンク




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

応援クリックで人参効果あるかも!?

LIST

コメントを残す

*