2018予想

今週末のターコイズステークス過去実績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今週末12月15日、16日の重賞は、

12月15日:ターコイズステークス(中山 GⅢ)

12月16日:朝日杯フューチュリティステークス(阪神 GⅠ)

となっています。

今回は、ターコイズSを見ていきます。

 

ターコイズステークスは3歳以上オープン牝馬のハンデ戦、1600M芝コースのレースです。

2017年は3歳のミスパンテール(横山典)が5番人気で勝ちました。父ダイワメジャー、

1600万の条件戦を勝ち上がって次のレースでした。過去にチューリップ賞(GⅢ)での2着があります。

2着には、フロンティアクイーン(北村宏)4歳3番人気。父メイショウサムソン

前走まで1600万条件で3着-2着-2着と惜敗でした。

過去に福島牝馬(GⅢ)2着、紫苑S(GⅢ)3着、デイリー杯クイーンC(GⅢ)2着があります。

3着には、デンコウアンジュ(蛯名)4歳7番人気。父メイショウサムソン

前走エリザベス女王杯13着から。同年ヴィクトリアマイル2着(11番人気)、2歳時アルテミスS(GⅢ)1着

馬連 2570円 3連単 94580円

1番人気ラビットラン(Cデムーロ)3歳は、4着。父Tapit 前走秋華賞4着。実績ローズS(GⅡ)1着。

2番人気ワンブレスアウェイ(戸崎)4歳は、8着。父ステイゴールド 前走府中牝馬S(GⅡ)10着。

 

2016年は、1番人気のマジックタイム(ルメール)5歳が1着。 父ハーツクライ 前走マイルCS(GⅠ)8着。

実績としては、近走もGⅠ以外では、2着-1着-3着-2着と堅実でした。

2着には、6番人気のレッツゴードンキ(岩田)4歳です。父キングカメハメハ。前走は、JBCレディスクラシック(GⅠ)2着。

実績は、桜花賞馬ですが、それ以降、大きく負ける事が続いた為、人気がありませんでした。

3着に、3番人気のカフェブリリアント(戸崎)6歳です。 父ブライアンズタイム 前走は、府中牝馬(GⅡ)6着。

前年のターコイズSで1番人気(8着)でした。実績は、京王杯AH(GⅢ)2着、府中牝馬(GⅡ)3着、阪神牝馬S(GⅡ)1着。

馬連 1910円  3連単17140円

2番人気アットザシーサイド(柴田善)3歳は、6着。父キングカメハメハ 前走オーロC(OP)3着 実績:桜花賞3着、フィリーズレビュー2着。

 

2015年は、11番人気のシングウィズジョイ(戸崎)3歳が勝ちました。父マンハッタンカフェ。前走秋華賞10着。

実績では、フローラS(GⅡ)1着があります。

2着は、ダンスアミーガ(大野)4歳、16番人気です。父サクラバクシンオー 前走キャピタルS(OP)16着。

3着は、オツウ(石川)5歳、15番人気です。父ハーツクライ。 前走キャピタルS(OP)15着。

馬連 54690円  3連単 2954680円

1番人気、8着カフェブリリアント(田辺)5歳。父ブライアンズタイム。前走府中牝馬S3着。

2番人気、6着ディープジュエリー(柴山)3歳。父ディープインパクト。前走秋華賞12着。

3番人気、7着ノボリディアーナ(幸)5歳。父フレンチデュピティ。前走エリザベス女王杯12着。

実績、府中牝馬S(GⅡ)ルメール1着。

 

このように見てみると、信頼の置きづらい馬が人気になった時は、大いに荒れます。

1600M条件を勝ち上がったばかりでも、連続入賞していれば、買いと言えます。

スポンサーリンク

年齢は3、4歳が中心のようです。重賞の連に絡んだ実績を持っていると

尚更Goodです。

 

ターコイズSは荒れるレースといえそうですね!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

応援クリックで人参効果あるかも!?

LIST

コメントを残す

*